2011年の花粉飛散量は5倍

記録的な猛暑だった2010年の夏。

その影響は花粉飛散量となって表れます。

2011年春の花粉飛散量は全国的に今年より5倍の見込み。

特に暑さのひどかった近畿地方はの10倍!

関東は7〜8倍と予想されています。

2005年にスギ花粉の大量飛散がありましたが、2011年はその時と同等かそれ以上に飛散する可能性があります。
スギ花粉症患者の多くはヒノキ花粉にも反応します。
ヒノキ花粉の飛散数は、スギ花粉の飛散数と傾向が似ているため、2011年はヒノキ花粉の飛散量も多くなりそうです。

北海道・山陰・九州などは少なめと見られますが、それでも例年の2倍は飛ぶようです。

もちろん、花粉飛散量が花粉症にそのまま比例するわけではありません。

花粉飛散量が10倍になったからといって、鼻水が10倍出るわけではありません!

関連記事

  1. 日本の子どもの40%が花粉症
  2. アジュバント物質と花粉症
  3. ダイキンのストリーマ技術
  4. 花粉症がひどくなる前に蓮のちからをお試しください
  5. 花粉の飛散量が多ければ、花粉症は重い?
  6. 花粉症におすすめのサングラス
  7. 花粉症を洗濯物の部屋干しで対策する
  8. 2012年花粉飛散量は少なめですが・・・
  9. 花粉症〜生活の注意点
  10. 花粉症と睡眠障害
  11. ディノスおすすめの花粉対策グッズ
  12. 花粉症は遺伝する?
  13. ディーゼル排気微粒子とは
  14. 花粉症の時期はトイレでさぼる
記事一覧