ディーゼル排気微粒子とは

飛来する花粉に付着して花粉症の症状を増強してしまうという環境汚染物質の代表であるディーゼル排気微粒子はディーゼルエンジンの排気に含まれる微粒子成分で、濃度が高い場合は黒煙として目に見えます。

発ガン性が指摘される成分や呼吸器疾患の原因物質と考えられている成分が含まれます。

10μm以下の細かい粒径のものが多く、大気中に長く浮遊することから、浮遊粒子状物質と呼ばれます。

大気汚染物質の代表でもあり、光化学スモッグの原因にもなっていると考えられます。

関連記事

  1. 2011年の花粉飛散量は5倍
  2. 日本の子どもの40%が花粉症
  3. アジュバント物質と花粉症
  4. ダイキンのストリーマ技術
  5. 花粉症がひどくなる前に蓮のちからをお試しください
  6. 花粉の飛散量が多ければ、花粉症は重い?
  7. 花粉症におすすめのサングラス
  8. 花粉症を洗濯物の部屋干しで対策する
  9. 2012年花粉飛散量は少なめですが・・・
  10. 花粉症〜生活の注意点
  11. 花粉症と睡眠障害
  12. ディノスおすすめの花粉対策グッズ
  13. 花粉症は遺伝する?
  14. 花粉症の時期はトイレでさぼる
記事一覧