花粉の飛散量が多ければ、花粉症は重い?

ニュースで「今年は花粉の飛散量が例年の5倍になる見込みです。」などと聞くと、花粉症に悩む方は恐怖ですね。

花粉が5倍飛べば、症状は5倍、鼻水も5倍、目のかゆみも5倍・・・。
なんて想像してしまいますね。

花粉が増えると症状が悪化するのは残念ながら事実ですが、5倍になるわけではありません。

花粉の飛散量が2倍なら、症状は1.2倍。
花粉の飛散量が10倍でも、症状は2倍。
という研究報告があります。


でも、花粉が多いと聞いたなら、早めに手を打ちましょう。
お薬も早めに。抗ヒスタミン剤などは受容体に先回りしてブロックするタイプなので、花粉との競争です。

関連記事

  1. 2011年の花粉飛散量は5倍
  2. 日本の子どもの40%が花粉症
  3. アジュバント物質と花粉症
  4. ダイキンのストリーマ技術
  5. 花粉症がひどくなる前に蓮のちからをお試しください
  6. 花粉症におすすめのサングラス
  7. 花粉症を洗濯物の部屋干しで対策する
  8. 2012年花粉飛散量は少なめですが・・・
  9. 花粉症〜生活の注意点
  10. 花粉症と睡眠障害
  11. ディノスおすすめの花粉対策グッズ
  12. 花粉症は遺伝する?
  13. ディーゼル排気微粒子とは
  14. 花粉症の時期はトイレでさぼる
記事一覧